中古車の査定額をできるだけ上げるものには、中古車を売却する時期タイミングというのも大事なポイントです。こちらから店頭まで自分の車に乗っていって査定を依頼しなくてもインターネット上で車買い取り店で中古車の売却相場依頼をしたら簡易的に査定価格の見積りしてくれますが、乗り換えを検討している車をちょっとでも高く売ろうと考慮すれば、少なからずポイントがある訳です。どんなものがあるか考えると、一番は走行距離です。中古車にとっての走行距離はクルマに対する買い換え料金の査定でも大切な基準となる指標として認識されています。どのくらいの走行距離で手放すのが望ましいかという話ですが、中古車の売却額査定に差が出てくる基準は50000キロという話ですから、そこを超えてしまう前に、見積もりを依頼して売ってしまうのがベストです。メーターが20000kmと60000qでは査定対象車の売却相場は評価がことなります。また車検があります。周知の通り、車検というのはお金がかかりますから車検が必要になるまでの残月数が残っているほど査定は上積みされると思えると思いますがそのようなことはなく現実に車検直前でも直後でも車の査定額には全然関係がありません。これというのは本当にしてみると理解できるはずです。車検前は売却を検討するにはタイミングがいいということです。一方、見積額を高くするために車検を済ませてから売却額査定を依頼しようと考えるのは車検代が勿体無く、意味がないということです。他にも業者に中古車を買い取ってもらう時期として2月と8月が狙い目です。と言いますのも、自動車買取業者の期末がその前の3月と9月というところが多くあるからです。ですので例えば、1月に売ろうとしたらもうちょっと待って2月に買取査定をしてもらって引き取ってもらうのも良い方法です。自分の都合も事情もあると思いますので、ひとまとめにしてこうした時期を狙って買い取ってもらうというわけにもいかないと思いますが、可能ならばこういった時期に売りに出すのがよいかもしれません。