任意整理というのはよく債務整理というように言われていて、各貸方に対して債務の返済を継続することを前置きとした借金整理の方法のことをいいます。一般的な流れですが司法書士の資格者もしくは弁護士が貸し手と債務者の間に立って法律に従い利息の引き直しを行って再度計算した借金の元金について金利を下げることで3年程度の時間で返済を完了する債務整理の対策です。この手順を踏む場合はいわゆる裁判所などといった機関が管理しないのでこれとは異なる手続きと比べたときに、採用した場合のリスクが少なく手続きは債務者にとって最も重荷になることがないので、まず考慮するようお勧めしたいやり方ということになります。また、貸方が消費者金融のように高額な借入利息の際には、利息に関する法律が明記している利息を超過して返した利息にあたってはその元金に充てられると考え借入元金を減額することもできてしまいます。ということから、ヤミ金業者といった高額な金利のところに長い期間返し続けている例では一定の利息分を減らすことができる可能性もありますし10年以上返済を続けているケースだと元金そのものが消化されてしまうこともあります。任意による整理の利点を挙げると破産手続きとは違って一定の借金のみを処理していくことができますので、連帯保証人が関連する負債以外について手続きをする時や自動車ローンの分以外だけを整理する場合などにおいてでも検討することが可能になりますし、全ての財産を処分する必要がないためクルマや戸建て住宅などの自分名義の資産を持っているけれど処分したくない状況であっても選択肢になる債務整理の手順です。今後の返済金額と現実の所得額を比較して、ある程度返済の計画を立てられるようならばこの手順による方法を選択することは問題ありませんが破産と違って返済義務そのものがクリアーになるということではないため負債の総額がかなりある場合には、現実問題として任意での整理の手続きを実行するのは難しくなるといえるでしょう。