キャッシングサービスを利用する場合には、利用する会社のチェックを受け、各カード会社の決められている基準をパスする必要があります。こういった申込みの審査の中で、申込者のどんな部分が判断される事になるのでしょう。融資を認めるかの、審査基準はどこにあるのでしょう。キャッシングサービスをするキャッシング会社は、申込者のデータを基に判断します。判断されるひとつひとつの項目は、「属性」ということがあります。自分自身のことや家族の情報、職業のこと、住居などを判断していくのです。「属性」はたくさんある為、もちろん優先されるものと重点的に見ないものというのが存在します。ひときわ重要視される「属性」には、あなたの年齢や審査依頼した人の仕事、今、住んでいる場所の期間など、お金を借りようとしている人の収入水準を評価できるものが存在するのです。所得基準が判断でき、なおかつ、実証が得られるものにおいて、重要視される「属性」ということができます。その重要視されている属性の中で審査の依頼した人の「年齢」について、カード会社は原則的に、メインのターゲットの年齢を成人を迎えた年齢から30才代としていますが、その主な利用者の中でも未婚者の方を優先しているはずです。一般的な実社会に当たっては家庭を持っていない人よりも入籍している人の方が信頼性がありますが、ローン会社は、家庭を持っている人よりも好き勝手に使えるお金が多いと考える事ができるため、家庭を持っていない人を契約されやすいということがあるはずです。それ以外に、歳は取れば取るほどカードを持つには厳しくなってしまいます。金融会社のほうで、そこそこの歳にも関わらず好きに使えるお金が少なくともないのは何かおかしいのではないかと判断されてしまうためです。住宅ローンを抱えているケースなどもあるので、契約を出すかの否かの判定には注意深くなります。