破産承認が済んだときにどういう類の損(デメリット)があるかは、破産申請を考えてみた人達にとって確実に始まりに必要な説明だと思われます。ここで破産認定者の被る損失に関して項目をまとめ書きにしておこうと思います。・役所の破産者の名簿に記述されます。※正当な本人証明を出すためのデータなので通常の人は閲覧することが不可能ですし免責の承認が与えられれば消滅します。・官報で記録される。※市販されている新聞とは違ってノーマルな書店には扱われていないですし、ほとんどの人々にはつながりのないことだと言えるでしょう。・公法における資格制限。※自己破産認定者になったときは公認会計士、行政書士、税理士といった有資格者は失格になるので実務をすることができません。・私法でのライセンス限定。※破産宣告者は保証役、遺言執行役などになることが認められません。加えて、合名で立ち上げた会社、合資の企業のサラリーマンと株式会社、有限企業の取締クラス、監査役の場合は退任要素となります。・自動車ローンやクレジット用カードを使用することが許されません。そして、破産管財人事例のとき以下の制約が加えられます。・自分の資産を勝手に利用、処分することが許されなくなります。・破産管財担当者や債権保有者グループの求めにより必要十分な解説をしなければなりません。・裁判官の許可なしで住処の変転や長めの外出をすることができなくなります。・止むを得ないと認定するときには体を捕縛されるときが考えられます。・送付品は破産管財役に届けられることになり破産管財をする人は届いた配達物を開けることが許されます。他の破産した人のデメリットに関する、一般に間違われている点を一覧にします。1戸籍データそして住民票では記入されません。2会社は破産してしまったことを原因として解雇することはできません。※原則的に当人から伝えないかぎり他人に噂されることはありません。3選挙権限や被選挙の権利などの権利は奪われません。4連帯保証役になっていなければ、近親者に支払い義務は認められません。5最低限度の生存に不可欠な調度品(パーソナルコンピューターテレビなどを含め)服などは差し押さえないです。自己破産した人の困難に関してリストアップしました。破産の申し立てをすることで返済は無かったことになるでしょうが上記の損失が付随します。破産の申請をする上で、得もデメリットきっちりと研究した方がよいといえます。